ナチュラル系のまつげエクステにするポイント

つけまつげをつけなくても、ボリュームマスカラをつけなくても、ふさふさのまつげになるといわれているまつげエクステですが、意外なことに希望のデザインとしては、そういった濃いイメージだけではなく、ナチュラル系にしたいという女性も多く、上品で女性らしい目元に仕上げたいという声も聞かれています。

まつげが濃いと、どうしても派手でギャルっぽく見られてしまうことが多いので、出来るだけ自然なイメージになるように仕上げたいという方も多く、最近は本数も長さも控えめを希望される方も増えているようです。ナチュラル系に仕上げるポイントとしては、やはりまぶたの上に見えるまつげが強調しすぎないということが求められるので、長さや太さ、本数は減らし、カールもJカールと呼ばれる緩やかな角度のものを選択するとよいでしょう。

この場合でも、目尻に行くに従って少しだけ長さを長くすると、セクシーな大人っぽさが演出でき、カールもさらに緩やかなものをつけると、垂れ目っぽく見せることができます。また、まつげとまつげの間に、自然な隙間がある方がより自然に見えるため、あまりにも詰めて装着しないようにすることも大切です。

こういったまつげエクステのデザインは、つける毛の種類によって無限に広がるので、どういった仕上がりにしたいのか、自分のメイクの傾向、目の形も参考にして、アイリストと相談し決めていきましょう。目が一重の人と目が二重の人とでは、同じ人工毛を装着しても同じようには仕上がりません。ですので、名古屋のまつげエクステといえばリトリエとクチコミで広がっているのも自然な流れといえるのかもしれません。

また、目の幅によっては少ない本数でも全体に行き渡る人もいれば、かなりの本数を入れなければバランスがおかしくなってしまう人もいます。 これはカールの角度にも言えることで、ナチュラル系に仕上げたくても、きつめのカールをつけないと、正面から全くまつげが見えない目の形をしている人もいるのです。これとは逆に少しのカーブでも、人形のようにぱっちりとした大きな目に見える人もいます。

アイラッシュサロンでは、施術前のカウンセリングで、いろいろなデザインのイメージ写真などをもとに、細かな部分まで希望に沿いながら決めていくことができるので、遠慮せずしっかりと伝えることが大切です。と同時に、アイリストのアドバイスを受けていけば、持続性も考慮した満足のいく仕上がりが叶えられるでしょう。

カウンセリングに時間をかけず、アイリストとの意思の疎通が出来ていないと、思ったような仕上がりにならなかったという結果になりかねません。

アイリストの給料について

まつげエクステの施術を行う人をアイリストといいますが、目元に薬剤を使用するため国家資格である美容師免許が必要となります。美容師になるには高校を卒業してから養成所に通い卒業する必要がありますので、すぐにはアイリストにはなれないのが特徴です。

美容師免許を取得すればアイリストとして働くことが可能ですが、美容師の養成所ではほとんど学ぶことができない内容となるため、同業者や先輩などの力を借りて学ぶかスクールや講座を活用して技術を身に付ける必要があります。サロンによって研修制度が整っている場合もありますので、積極的に利用して技術を身に付ける必要があります。

アイリストとして働く際に気になるのが給料ですが、正社員として働く場合とアルバイトで短時間勤務をする場合があります。またすぐに独立することも可能ですから、働き方によって収入が変わってきます。美容室とは異なり大きな設備を必要としない分、独立するのが簡単な特徴があります。

美容師免許が必要ですから、独立している人の中には美容室に併設して設けたりといった複合型で経営している場合もあります。はじめのうちは技術も未熟ですから、正社員として勤務し技術を取得したほうが良いと言えます。雇用形態や経営方法が様々ですから、給料も勤務先によって異なります。

美容師免許を必要とする仕事ですから、美容師として一人前になり独立してからアイリストとして活躍するのも良い方法です。リスクが少ない働き方ですし、まつげエクステだけではなくいろいろな経験ができることもメリットと言えます。

最近ではエステサロンや美容室、ネイルサロンでもまつ毛の施術を行うところが増えていますので、まつげエクステの技術だけではなく、美容師としての知識や技術も必要ですし、エステやネイルに関する知識とともに活用すれば高収入が得られるようになります。

働き方や勤務先によって給料が大きく異なりますので、希望する収入で勤務先を選ぶことが大切です。またまつげエクステの技術だけで独立していくには難しさもありますので、他の施術もできるように幅広く知識や技術を身に付けると高収入に繋がります。美容師免許を取得するには養成所をと卒業する必要がありますし、技術を習得するには専門のサロンで学ぶことも必要です。

まつげエクステなど美容業界はイベントがあるときには忙しい業界となりますので、年間を通して暇な時もあれば高収入が得られる時期もあります。

まつげエクステの接着剤でアレルギーが出る

芸能人がブログなどで紹介したことにより一気に広がったまつげエクステ、まつげが短い、細い、少ないといった悩みを抱えていた女性たちに取って、憧れのふさふさのお人形のようなまつげが手に入ると、瞬く間に最新の美容法として取り上げられるようになりました。

まつげエクステは、自まつげの上から、グルーと呼ばれる専用の接着剤を使って人工毛を貼りつけていく技法で、この接着剤はつけまつげに使用するものとは違い、水では取れないので、お風呂に入っても顔を洗っても涙が出ても取れないという特徴があり、アイメイクにかかる時間を短縮することも出来るという便利さも最大の魅力だといわれています。

ところがまつげエクステがブームになるとともに、目の周りがかぶれたり、腫れたり、かゆみが伴うなどのトラブルが報告されるようになり、危険なものという報道がなされるようになり、不安感を抱いている女性も多いようです。これは接着剤に含まれる成分に対するアレルギー反応で、少ない確率ではありますが体質によって発症してしまう方もいるようです。

接着剤というものである以上、どうしても化学薬品を少なからず配合しなければならないため、金属アレルギーを持つ方などは反応を起こしやすいといわれており、ピアスやネックレス、ベルトのバックルなどで異変を感じやすい方は、まつげエクステを試す前にパッチテストをして、アレルギー反応を確かめてから行うほうが無難です。

最近のアイラッシュサロンでは、こういったテストで安全を確認できてからでないと施術を行わないという徹底したお店もあり、また敏感肌の方でも大丈夫なように、医療用の成分で作られた接着剤を用意しているお店もあったり、数種類をその方の体質に合わせて使い分けている優良店も増えているようです。

きちんとした対策がとれているサロンでは、最初にカウンセリングを行い、こういったアレルギーチェックを必ず行うようになっているので、安心して施術を受けることができます。グルーはそのお店によって使用しているものは違うので、成分表などを掲げ安全性を重視しているサロンであれば、このようなトラブルはほとんど見られません。

しかしアレルギー反応というものは、その人の体内で蓄積されていくことによってある日突然表に出るものなので、ずっと大丈夫だったのにしばらくたってから異変が生じたという方も多いので、少しでもおかしいなと感じたらすぐにサロンへ相談することが大切です。

まつげエクステ施術後すぐにシャワーをあびてよいか

最近、女性たちの間で話題となっているまつげエクステですが、短く細く少ないまつげでも、お人形のように長く濃くボリュームアップでき、メイクの時間短縮にもなるので、試し始めている方も増えているようです。テレビで見る芸能人の中にもこの施術を受けている人も多く、つけまつげよりも自然で、メイクをしていないときでも目元がはっきりすると、一度体験すると虜となってしまう方も少なくはないようです。

しかしこのまつげエクステには、守らなければならない注意点も多く、扱い方には細心の配慮が必要です。これを守らないと、せっかく時間をかけて、高い施術料を支払ってつけてもらったまつげエクステも、すぐに取れてしまったり、自まつげごと抜けてしまうと、大切なまつげを傷めてしまうことにもつながりかねません。

まつげエクステは、グルーと呼ばれる専用の接着剤を使って、自まつげに人工毛を装着していくのですが、このグルーは中心部分までしっかりと乾ききるまで、施術後六時間は必要だといわれています。その為施術後にシャワーを浴びたり、プールに入ったり、顔を洗うのは厳禁で持続力が低下してしまいます。

特にお風呂は温度も高く湿気もあり、確実に取れやすくなってしまうと考えておいた方が良く、夕方以降にアイラッシュサロンへ行く方は、入浴の時間も考慮したほうが賢明です。グルーは水では取れませんが、施術後すぐに水に触れると白乳化してしまうこともあり、涙や目薬も使わないに越したことはありません。

また湿度の点で考えると、フェイシャルケアなどもスチーマーを使うことがあるので、あまり頻繁に蒸気を近距離から浴びることは避けたほうが無難で、フェイシャルケアを受けるなら、エクステが取れかかってメンテナンスに行く前のタイミングなどに合わせたほうが良いです。

そして普段の入浴ですが、シャワーの水圧を目元に直接当てるのも避けたほうが良いといわれており、そういった刺激でも取れたりばらついてしまったりするので注意が必要です。施術時の美しさを綺麗に長持ちさせたいのであれば、こういったアフターケアはとても大切で、頻繁に付け替えしないことがまつげを傷ませないことにもつながるので、丁寧に扱いましょう。

まつげエクステは、非常にデリケートなもので、扱い方がその持続力に大きく差が出るといっても過言ではありません。施術後は特に慎重にならなければならず、触ったり強い風に当てるなども避けるようにしましょう。

まつげエクステサロンを経営するのに必要なことと費用

近年、まつげエクステがブームとなるにつれ、この施術が受けられるアイリッシュサロンも、そこかしこに見られるようになり、顧客もより技術力の高いアイリストのいるサロンや、よりお得にまつげエクステが試せるお店を比較検討することができるようになっています。しかし、それと同時にこの施術によるトラブルの報告も右肩上がりに増加しており、アイリストは常に初心に帰り、緊張感をもって施術を行わなければならない義務があります。
長年サロンでアイリストとして働くと、いつかは独立開業したいと考え始める施術者は多いものです。これは美容系のサロンであれば大部分の施術者が一度は考えることで、ヘアサロンであれネイルサロンであれ、エステサロンであれ同様です。

まつげエクステは、美容系の施術の中でも、一番商材のコストが安上がりなので、開業に当たってはそれほど費用も必要にはなりません。自分の技術力一本で勝負をかけられる世界でもあるので、地道な経営を目指し、まずはベット一台から始めても良いでしょう。この施術は、非常に繊細で、かつ、顔の中でも最もデリケートである目元周辺を扱う仕事なので、常に緊張感をもって行わないと、取り返しのつかない大事故につながる危険性も高いものです。自分が経営者となってサロンを持つ場合は、自分の施術ミスはもちろんのこと、従業員のミスも自分が責任を持たなければなりません。

まつげエクステは、専用の接着剤を使って施術を行いますが、この接着剤は持続力を高めるため、若干であっても化学薬品を含むため、アレルギー反応を引き起こしてしまわれるお客様も多く、これが近年新聞などでも取り上げられているまつげエクステの事故の大半を占めています。人にはそれぞれ体質というものがあるので、どんなに高品質といわれている化粧品であっても、かぶれたり、沁みたり、色素沈着になったりと肌トラブルを起こすこともあり得るように、この接着剤も、医療用といわれている低刺激のものであっても、まぶたが腫れたりただれたり、かゆみを伴ったりしてしまう方もいます。

こういう問題に対しては、出来るだけ事前に丁寧に説明し、トラブルを避けられる対策を取ることが大切ですが、パッチテストやカウンセリングで大丈夫と判断しても、万が一事故が起きれば、専門医の診断やお見舞いなど真摯な対応が必要です。最近はアイラッシュサロンが入る保険もあるので、経営者になるなら、必ず加入しておきましょう。そして当然ながら施術者には美容師資格が必要です。