まつげエクステの接着剤でアレルギーが出る

芸能人がブログなどで紹介したことにより一気に広がったまつげエクステ、まつげが短い、細い、少ないといった悩みを抱えていた女性たちに取って、憧れのふさふさのお人形のようなまつげが手に入ると、瞬く間に最新の美容法として取り上げられるようになりました。

まつげエクステは、自まつげの上から、グルーと呼ばれる専用の接着剤を使って人工毛を貼りつけていく技法で、この接着剤はつけまつげに使用するものとは違い、水では取れないので、お風呂に入っても顔を洗っても涙が出ても取れないという特徴があり、アイメイクにかかる時間を短縮することも出来るという便利さも最大の魅力だといわれています。

ところがまつげエクステがブームになるとともに、目の周りがかぶれたり、腫れたり、かゆみが伴うなどのトラブルが報告されるようになり、危険なものという報道がなされるようになり、不安感を抱いている女性も多いようです。これは接着剤に含まれる成分に対するアレルギー反応で、少ない確率ではありますが体質によって発症してしまう方もいるようです。

接着剤というものである以上、どうしても化学薬品を少なからず配合しなければならないため、金属アレルギーを持つ方などは反応を起こしやすいといわれており、ピアスやネックレス、ベルトのバックルなどで異変を感じやすい方は、まつげエクステを試す前にパッチテストをして、アレルギー反応を確かめてから行うほうが無難です。

最近のアイラッシュサロンでは、こういったテストで安全を確認できてからでないと施術を行わないという徹底したお店もあり、また敏感肌の方でも大丈夫なように、医療用の成分で作られた接着剤を用意しているお店もあったり、数種類をその方の体質に合わせて使い分けている優良店も増えているようです。

きちんとした対策がとれているサロンでは、最初にカウンセリングを行い、こういったアレルギーチェックを必ず行うようになっているので、安心して施術を受けることができます。グルーはそのお店によって使用しているものは違うので、成分表などを掲げ安全性を重視しているサロンであれば、このようなトラブルはほとんど見られません。

しかしアレルギー反応というものは、その人の体内で蓄積されていくことによってある日突然表に出るものなので、ずっと大丈夫だったのにしばらくたってから異変が生じたという方も多いので、少しでもおかしいなと感じたらすぐにサロンへ相談することが大切です。